亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

TracとスクラムとTestLink

ピンと来たのでトラバ。このブログの95%はトラバです。どうよそれ。

すべてが並行して会社で話題になってたりするんである。
TracはETロボコンで活躍してくれたし、スクラムは部署内のアジャイル勉強会でのメインテーマとなりそう。TestLinkは今日雑談ついでに出てきて調べてみようと思っていたところだ。

んで。

そもそも TestLink の適用範囲って、要求に対するテスト(受け入れテストと呼ばれるような)だと思っている。
TestLink 自体に要件管理機能がついたことからも。

で、RedmineTrac)のチケットの適用範囲は、基本的にバグ、タスクのレベル。
あきぴーさんはそこに フィーチャーとストーリー(つまりは要求)を入れようとしているので認識の違いができているように見えた。

確かに運用してみて、Tracで開発全体の管理をするのはなんだか大変だった(というか無理だった)。
細かく絞ったタスクになればなんとかなるのだけれど、ストーリーやらマイルストーンは(登録できるとはいえ)なんだかなじまないなあ、という感じだった。
Trac入門を読んでやったので、あんまりストーリーとかそこら辺の知識がないままにやっちゃったのも大きいけれど。

そんで、id:kaorun55さんのちょいと前のBlogにあったAgiloは是非使ってみたい。
なんだか無駄にワクワクする。

そういえばTrac導入時には割と参考にしまくったきがします >> id:kaorun55