亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

結局クラウドの魅力って?

というか、こう言い換えよう。
クライアント/サーバーやらシンクライアントと比べたクラウドの利点は??

ぱっと思いつくのは、スケーラビリティしか出てこない。CPUやメモリなどのHWを含めて、外部のコンピュータを時間借りできる訳だから。それこそ基幹システム的な、一時期にガツンとトラフィックが上がりそうなものはクラウドで組むメリットは大きいと思う。

他には??

提供側としてのうまみは有る気がする。ただのソフトウェア提供をクラウドに変えることで消耗品商売が出来るわけだから。顧客には上記にメリットを謳っておいて、保守契約を結んじゃう。
結局C/Sと似たようなことだから、バグが見つかっても修正はしやすいし、なんかセキュアっぽいし、良いんだとは思う。
思うのだけれど。。。結局はシンクライアントの延長線上以上に捉えてられていない。

本当にそんなものなの?クラウド。
なんか違う気がする。自分なりの答えを明日見つけられたらなあ。
(とかいいつつクラウド関係のセッションはほとんど出るつもりがないんだよねえ #techdaysj)