読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

勘違いしてた、クラウド

雑記

時間ないから走り書き。

クラウドで直接的な恩恵を受けるのはエンドユーザーじゃなくてSIerなのだね。
これまで大変だったHWやNWの保守コストをクラウド上に放り出せる。
ここに業務アプリをクラウドで組む利点があって、結果、サービスに重点を置けたり価格を下げられたりとエンドユーザーにメリットが出てくる。

だから、本当はエンドユーザー向けのサービスに「クラウドを使ってる」とか宣伝するのは、恐らくナンセンスなんだと思う。
(それはどこかエコの宣伝に似ている)

という理解を一応した。


そういう意味じゃメインフレーム→S/Cへと同様の変化は起きているんだろう。
ただそれをエンドユーザーに向けて偉そうに発表することではない。多分。