読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

そしてクラウドもういっかい。

雑記

丸山先生のレクチャーを聴いてやっぱりまだなんか理解が違った。

そこでいうクラウドとは、爆発的に増え続ける端末同士をP2Pで協調させていく場合の組み合わせ大爆発を処理できるよう、大規模なデータコンビナートを介してつなぎましょう、という話なのかな、と思った。

そのデータコンビナートがEC2でありGAEでありAzureであり、その他のクラウドサービスなのだろうけれど。。。

実世界上は恐らくそういうことなんだろう。とても一社でおいそれとまかなえるようなWebサービスを作るのは今後不可能になってくるからクラウドというとんでもなく巨大なデータセンターに処理を投げてしまった方がコスト的にも有利に立てるんだろう。
特に爆発的に増加するモバイル機器に関しては。

でも、だからといってそこまで上へ下への大騒ぎになる話なのかなあ。
結局トラフィックが増えてきたからもっと効率的なサービスの提供方法を考えましょうよ。
もう一社でまかなえるような小規模サーバーでは増大するサービスに対応出来ないから、まあウチに任せてくださいな。工場のようなデータセンターとあちこちに立てますから。

みたいな話でサービスの提供の仕方が変わる以上の変化に思えない.もちろんそれはそれでもの凄くドラスティックな変化ではあるけれどさ。でもエンドユーザーまで巻き込んでクラウドクラウドと騒ぐ理由は全く分からない。

考えてみればTechdaysで紹介されてた企業も、地味にしかし確実にAzureに切り替えて、コスト的な成果を上げていた。本来そういう地味なものだよなあ。と思う。

だからこそBuzzWordで終わって欲しくない。着実に使えるプラットフォームになっていって欲しい。