読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

すくすくスクラム瀬戸内へ行ってきました。

Scrum Agile

すくすくスクラム瀬戸内へ行って参りました。

いやあ、とにかく楽しかった!!!
でもそれだけじゃああんまりなので。ちょっと感じたこと。

Scrumはしんどい!!!

今日一番の発見がこれ。Scrumはしんどい!!!

もちろん、悪い意味ではないです。良

はっきりいって今までScrumにしろXPにしろ知識としてしっていたり、いくつかの(ほんのいくつかの)プラクティスを、ごくごく小規模にやっているだけでした。

今回のワークショップは、レゴとはいえプロセスとしては本格的にガンガン回す、という体験をしました。ある意味、アジャイル初体験。

その結果、強く感じたのは、アジャイル開発手法はとことん「ムダ」を省くという発想が根本にあるのだなあと。
ムダって言うのは

  1. 手持ちぶさた
  2. ダレル

といった作業的なものから

  1. 顧客が求めていないものを作る
  2. 意味のない成果物を作る

などのプロセス的なムダ、両方を削減していってるのだなあと。

必然的に、作業の密度は濃くなって、テンションは高いけど超しんどい!みたいな感じになる。

この充実感が、ピリピリ感が、いい。

なんとなく、和やかでだるっとつくるというイメージになりがちなアジャイルの、厳しくも楽しいところを感じられた気がします。
そりゃあこのテンションだと一日8時間だわ。もたないもたない。


と、個人的には大きな気づきがあった一日でした。