読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

OSC@京都にちょこっと参加しようと思ったら前日に熱が出て当日熱が引いたと思って会場に行ったらぶり返して家帰るなりぶっ倒れたでござる

雑記 勉強会 OSC

タイトルに要件をすべて入れるのはビジネスメールの基本ですよね!!


てなわけで参加してまいりました、OSC@Kyoto。後半戦だけですが・・・

自分用メモ

HTML5

  • 一言でいうと、Web as DocumentからWeb as App PlatformやWeb of Dataへ、ということ。
    • Web As App PlatformはHTML仕様の中でもwebStrageやCanvas、Videoなどが対象
    • Web as DataはXHTMLからの狙いでもある
      • XHTMLの目的は「機械でも読める(=解釈できる)」MLをにすること
        • h1やらh2やらh3なんて滅べ!ってことらしい(そこまで言ってません
      • Linked Open Dataになる!!
      • セマンティクスを守って欠かないといけないので準拠する側は大変
        • それがXHTML普及の足かせになった。
      • じゃあHTML5では!?ってのはそういえば聞いてない気がする。何か対策がなされたのかなあ・・・
        • 理想的にはデザインソフトウェア的なものがカバーするぜ、なのかなあ?Appleの野望的には。
  • HTML5はまだまだ作りかけです
    • 「Working Draft(仕様策定の最初の段階)」
    • ただし、最終的な仕様は・・・
      • Openで
        • 林檎さん聞いてますかー??
      • Globalで
        • どっかのガラパゴスな国聞いてますかー??
      • De Facto
        • どっかのHTML5の実装をかなり送らせた最大シェアブラウザ聞いてますかー?
    • なものになる。
      • つまり実装して広まった仕様は反映されやすい!!
  • もう一つの(個人)ポイント、マルチモーダル
    • つまり入出力手段をKMD(Keyboard, Mouse, Display)にしぼっちゃだめよーという話。
    • こういう変態系(失礼)な技術は、日本のお得意な気がする。
      • 家電にアンドロイドとかね。

組み込みOSを作ってみよう

12ステップで作る組込みOS自作入門

12ステップで作る組込みOS自作入門


↑の本の人

  • 目的は、学習目的なOSを作ること
    • 安価で
    • 手に入りやすく
    • コード量がすくない(1万行以下
  • OSの最低要件を満たしている
    • タスク分割・管理
    • メモリ管理
    • IO管理
  • 汎用OSと組み込みOSの違い
    • 汎用OS
      • アプリはあとから買うもの
        • バグのあるアプリケーションも許容できる度量(?)が必要
        • どのアプリケーションも平等に!
    • 組み込みOS
      • アプリは「組み込んであるもの」
        • AndroidiPhoneはすでに組み込みじゃないのかなあ・・・
        • でもAndroidは「VM」というアプリケーション上でアプリが動いているだけナギもするう
        • 逆にネイティブなiPhoneは厳しい審査と制限で対抗、か。
      • アプリごとに優先度を設定しても良い、というかしないといけない。
      • リアルタイムな制御も必要
        • 絶対に止まってはいけない。

NeuNoteでのマインドマップが役に立ったよ!