亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

iPadにWebページを転送するあれこれ。

現在、僕のiPadは完全にオフラインHTMLビュアーとなってます。てかほぼそれが目的だったので全然構わないのですが。

とりあえずはInstapaper for iPadが最強に強まっているので、これで済ませられるのですが、英語のページ読むときに、

  • アプリ閉じる
  • 英辞郎立ち上げて調べる
  • アプリ上げる

を繰り返すので効率が悪くてしょうがない。

それから、@ITとかの複数ページにまたがるものもちょいと読みにくい。

んで、iBookは地味に辞書内臓なんですよね。英英だけですが。


追記:2010/08/01
えーと、Instapaperアプリにも英英辞書ついてますよね。。。なんていうか、ほんとすいません。
いらないじゃんePubダウンロード。


大体英英で要は足りるので、iBookで読むようにしたいなあ、というのが願望です。さて。

InstapaperからePubファイル作る。

これがおそらく王道ですよね。Instapaperに行ってePubを取ってきてiBookに放りこむ。非常にお手軽。
これで英語ページはまあOK.問題は複数ページのページを快適に読む方ですが・・・

PrintLimitator + Auto Pagerで複数ページを一つのHTMLに変換→Primo PDFへ。

非常に面倒くさいのは100も承知ですが、現在落ち着いたのはこの方法。
まずはAuto Pagerで全ページを表示できるようにして、Printlimitatorでうまいこと整える。一つあたり5分くらい掛かっちゃいますがとりあえずはこれで妥協中。

あとはこのページをPDF化するんですが、とりあえずはPrimo PDFで。もっと良いツールがあったら教えて下さい。


てか無駄に複数ページするのはなんなんだろうなあ。。。馬鹿なの?死ぬの?