亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

さる10月22日、アジャイルサムライ読書会in京都をひとまず開催しました。

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

参加人数は7名、同日にRxTstudyも控えている中、京都でこれだけ集まれたのは喜ばしい限りでした。
詳細は、アジャイルサムライ勉強会Wikiに記述してます。

とりあえず個人的に振り返り。

  • K
    • とりあえず開催できたこと!(色々と延期したりも内部的にはあったので
    • 議論がほぼ途切れなかったこと
    • 分野・会社がバラバラで、とても面白い話が聞けたこと
  • P
    • 序盤の内容だったこともあるが、ほとんど本から脱線していたこと
    • 議事録が非効率的。本当はその場でWikiに書いていくくらいしておきたい
    • もう少し事前の議論を集中させたい
  • T
    • 4章以降だと脱線の問題は解決されるかも。でももう少し読み込んで本の中身を話していきたい
    • Markdown記法を頑張って覚える
    • 早めに参加予定者にWikiの存在を周知する

もちろんこれだけで終わりじゃありません。そもそもKPTしたんだから・・・次があります。

第2回・第3回

それぞれ、こくちーずにあげています。

それぞれのページにもかていますが、開催時間帯と曜日を大きく変更してます。
金曜日の19時〜21時で京都にて、という時間帯に変更しています。
土曜日の朝はどうも異常に何かのイベントとかぶってしまう、というのが大きく、思い切って平日にしてみました。
大阪からの方は厳しいところもあるのは重々承知ですが、ちょっと試させてください。

次からはインセプションに入ります。アジャイルサムライの肝と言える概念なので、きっちり押さえて、意見を交換したいです!!
参加をお待ちしています。