亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

TDDBC Osaka 2.1パッチ 反省会② NaturalSpecェ・・・

いや、むしろ僕がダメだったじゃんという話なのですが。

NaturalSpecの罠(という程でもない

せっかくのパッチなので、断念したF#でのTDDに挑戦しようと思ってNaturalSpecを使おうと思ったんですが・・・VS2012RCでちゃんと動いてくれなかったのですよね・・・

VS2012からは、待望のMSTest以外のテストフレームワークVisualStudioの中にガッチリと組み込めるようになりました。
f:id:posaunehm:20120706004948p:plain

いや、分かんないとは思うんですが、上のテストはNUnitなんですよ。よ!

兎も角。そういう事なんです。

そしてNaturalSpecはNUnitに依存したライブラリです。と言うことはですね・・・
f:id:posaunehm:20120706010422p:plain
Nugetで入れる → テスト書く → 普通に使える!

だと思っていたのですが、これが動かない!
んでですね。
なんとかVS上で動かそうとNaturalSpecとNUnitのソースを取ってきてプロジェクトに組み込んでみたり、色々ビルドバージョン買えてみたりとかやってたらあっという間に時間が来てしまいまして・・・

というわけで、リベンジ。
まぁ普通にNUnit Test Runnerを使えば良いのです。
ほら動いた。
f:id:posaunehm:20120706010830p:plain

とはいえこれはこれで残念なので、まぁビルド後イベントに組み込みましょうか。

Scenario: Vendorに10円玉を入れると10円入っている
- As tddbcOsakaSubject+Vendor
- When inserting Yen10
- When getting its ammount
=> It should equal 10
Elements are not equal.
Expected:10
But was: 0
F
Tests run: 1, Errors: 0, Failures: 1, Inconclusive: 0, Time: 0.4951274 seconds
Not run: 0, Invalid: 0, Ignored: 0, Skipped: 0
Errors and Failures:
1) Test Failure : tddbcOsakaTest.Vendorに10円玉を入れると10円入っている

Elements are not equal.
Expected:10
But was: 0

シナリオの書き方とかはまだまだ勉強中・・・