亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

Klink + WiMAX スマホが超便利な件

いまさらですが、スマホを変えました。HTC EVOからGALAXY SⅡに。

どうもEVOはAndroid 4アプデートは絶望的っぽく、かつユーザーメモリの逼迫具合が洒落にならなく成って来たので(ホームアプリが恒常的に落ち続けている状態)、最初はEVO 3Dが劇的に安くなっていたのでそっちにしようかと思っていたのですが、ヤフオク覗くとえらくGALAXY SⅡ値崩れしているので、じゃあそっちでいいやと。(僕が買ったときは2万円切ってました)

んで、auショップ持ち込みで機種交換。なんとも言えない気まずい雰囲気でしたね(しろめ)

使ってみると、やはりGALAXY、動作の軽快さは圧倒的ですね。(まぁ個人的にはAndroid全般のパキパキした高速UI動作は、不自然すぎて好きではないのですが。やっぱiPhoneかWindowsPhoneでしょ!)
でもHTCの方が作りこみはうまい気が。どうもブラウザとか結構頻繁に暴走するイメージが強くて。EVOではそんなことなかったんですが。

まぁ、それはそういうもんか、と思ったんですが、最大の問題はMacと絶望的に相性が悪いこと。特に大問題となるのは、USB デザリングがMac上だと絶望的ってことです。KiesというSamsungiTunesみたいなソフトをインストールする必要があるのですが、どうもMac版にはau対応していないっぽく、てかCDMA対応がかなり貧弱っぽいので、デザイングのアクセス設定で激しく詰みます。

たとえばこことか、普通にAPNを直接打ち込まないといけないんですが・・・

au(というかCDMAネットワーク)には、APNの概念がありません。 この為、設定項目もありません。(あったとしても無意味) APNはGSM/UMTS(W-CDMA)ネットワークの機能です。

(´・ω・`)

んで。

いや、Wifiで飛ばせばいいじゃん?というのもあると思いますし、EVOでもそうしてたんですが、どうもGALAXYだと、WiMAX + Wifiデザリングのバッテリー使用量が、充電量を上回っていそうなんですよね・・・。だいたい5〜6時間で終わってしまうイメージ。ハッカソンとかだと余裕でつかうのでねそんくらい・・・。あとやっぱ速度の問題もあります。

そこでNo rootのデザリング用ソフト。色いろあるんですが、価格的に安く、かつ安定しているのはIS03時代に愛用していたKlinkだと思うのですよ。

うん、いつ見ても不安を煽る質素すぎるHPですね!


まぁともかく、USBデバッグをオンにしてクライアントソフトを入れるだけで使えるというのは非常に素晴らしいのです。
WiMAXを音にするとだいたい6MBpsくらい(アンテナ2〜3本)は安定してだしてくれるので、まぁ及第点。スマホの発熱はそこそこですが、充電はきっちりできているのが嬉しいです。

そんなわけで400円くらいだすと結構快適にデザリングできるようになりますよ、って話でした。HPの質素さにびっくりしますが、良いソフトですよ。