読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

VisualStudioのTestRunnerがUpdate1で改善されていました。


仰るとおりでした。情報の古さを謹んで土下寝してお詫び申し上げるとともに、現状をレポートしておきますm(__)m

Update1での更新内容。

Update1で、これまでの「テスト結果」と「テスト継続時間」意外に、「特徴(テストカテゴリ)」と「プロジェクト」でグルーピングできるようになりました。

f:id:posaunehm:20121215025013p:plain

例えば以下の様なテストクラスを書くと・・・

using System;
using Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting;

namespace Test
{
    [TestClass]
    public class CalculatorTest
    {
        [TestMethod]
        [TestCategory("HogeTest")]
        public void TestMethod1()
        {
        }

        [TestMethod]
        [TestCategory("FugaTaest")]
        public void TestMethod2()
        {
        }
    }

    [TestClass]
    public class AnotherCalculatorTest
    {
        [TestMethod]
        [TestCategory("HogeTest")]
        public void TestMethod3()
        {        }

        [TestMethod]
        [TestCategory("FugaTaest")]
        public void TestMethod4()
        {
        }
    }
}

namespace AnotherTest
{
    [TestClass]
    public class YetAnotherCalculatorTest
    {
        [TestMethod]
        [TestCategory("HogeTest")]
        public void TestMethod5()
        {
        }

        [TestMethod]
        [TestCategory("FugaTaest")]
        public void TestMethod6()
        {
        }
    }
}

カテゴリを使ってこんな感じでグルーピングしてくれます。

f:id:posaunehm:20121215025206p:plain


うん、だいぶマシだ!!

。。。なんですが、やっぱりクラス別・ネームスペース別のグループ分けも実装していただきたく思うわけですよ、切に(´・ω・`)