読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

DirectShow系のCOMラッパーがひっそりと公開されている件。しかも意外な所で。

実は最近どっぷりDirectShowを見てます。(その関連でC++CLIとかの話に頭悩まされてるのですよw)

で、本質的にはDirectShowはCOMですんで、COMとしてインポートできるんじゃないの??と思ってしまうのですが、まずtblファイルは公開されてないです。あるのはIDLファイルのみ。
んで、そこからMIDL.exeを使えばコンパイルしてtblファイルができるはずです。
・・・とはいえidlファイルは複数あったり、そもそもどこまでがDirectShowの範囲かわかんなかったりするのでどこかにないかなあ、と思ったらありました。

多分.NET1.1なので使えませんが、どちらかっていうとComimportの定義方法を知っておきたいのでこれで十分です。ILSpyでごそごそやれれば十分ですね。まぁDirectShowNetを見るという手もあるんですがあいつはLGPLなんでできればあんまり怪しいことはしたくない。。。まぁComImportなんて変数名以外同じになるしかないので大丈夫だとは思うのですが。

ところで、上で紹介したアドレス、kohsuke.orgってどうも日本人のサイトっぽいですね。ちょっとトップ見ておきましょうか・・・ってええええええええ!?

Jenkinsの川口さんじゃないですか・・・。意外と言うかびっくりというかなんというか、まさかこんな所でヒットするとは思っていなかったですよえぇ。