読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

#PFParty12 に行って来ました。またまた火をつけてもらったので頑張るしか。

システム開発現場のファシリテーション ~メンバーを活かす最強のチームづくり~

システム開発現場のファシリテーション ~メンバーを活かす最強のチームづくり~

実は久しぶりなのです、PFP系の勉強会。自分のこれからをきっちり考える意味でも、やっぱりいい機会になりました。
もともとはやっぱり平鍋さんの話を聞きたい!っていうのが第一目的でしたが、他にも色々と発見があったので、印象深かったことをつらつらとメモっていきます。

最後の振り返りでもあったのですが、手元に気になったことメモがわりのマインドマップを見てると、やっぱり「人」です。

平鍋さんセッション

多分、話自体の大枠は前聞いたのと一緒なんだろうけれど、ぜんぜん違う話に聞こえたw
印象深かったのは、やっぱり「人」への気遣い・心遣いを意識した話が多かったなあ、というもの。例えば、

  • 見える化は「みんな」ですすめるためのもの
  • タスク看板は出来ればやっぱりアナログがいい
    • たとえば、「このタスクがここにあるんで、完了はだいたい一週間後になります」のように、実態が全くないソフトのタスクが指させたり触ったり渡せたりできるようになる。
    • ブラジルでの例では、チケット管理システムでチケット登録しているのに、わざわざ印刷して壁に張り出し、それをカメラ撮影してSkypeで中継しているという徹底っぷり
  • 相手を尊重する姿勢が重要
    • これもブラジルの事例。お客さんの会社の旗をプロジェクトをやってる間掲げたり、お客さんの会社のプロダクトを飾ったり、顧客を尊重する姿勢をチームとして出している
  • 「参加型意思決定」
  • PFやるうえでとても重要なのは「名前づけ」
    • やっていてよかったものは名前をつけて自分たち発にしてしまう!

直也さんせっしょん

PF ざ ダークサイド★ と適当な名前づけをしてみましたが(w、 これも、やっぱりPFを取り入れるときにも人を重視しないといけないね、という話。

  • ヘルプを察せよ
    • 朝会などでメンバのヘルプを察する必要がある。朝会といえどもちゃんと自分で困ってることを言えないメンバーも居る。
  • KPTは飽きる
    • 何のために仕事するのか、成長するのか、という意味での起爆剤は必要
  • 相手の気持を考えない見える化はかえって逆効果
    • オープンにすることでダメージを受ける人もいる。
  • アンテナをはる!!
    • 常にメンバーのサインをさっせるようなアンテナを張っておくこと

パネルディスカッション

やっぱり、メモを見返して赤丸をつけてるのは同じ事で、人と人とのつながり、コミュニケーションをもっと活発にするようなお話が気になっているみたい。気になった言葉をメモ。

  • 上意下達でチームが動くはずがない
  • 職場をまず笑顔に!
    • 例えば:朝会後に毎日ハイタッチ!
  • まずはムードメーカーを目指す
    • 場作りの才能
    • こつこつ「信頼貯金」する
      • チームのためになることをこつこつやり続ける
  • Facilitative Mind
    • メンバーそれぞれに、「自分が関わってる感」を持ってもらうことが非常に重要
  • まず、合宿をしなさい(by 野中先生)
    • 一日目は、自己紹介。
    • 二日目くらいで上辺の話は尽きてくる。そして裸で風呂に入る。
    • 三日目から仕事の話をする

チームとの関わり方を考えるワークショップ

これは、本当に良かった。内容は、各々が細分化情報を持っている状況で、各人がバラバラに持ってるピースをつなぎあわせないと解けない問題を解く、という類のもの。

コレを通して、どういう人がいればチームが上手く回るのか、自分が素で振る舞うとどういう人間なのかがよく分かって、これから自分がチームで果たすべき役割をちゃんと意識することができそう。

理想のチームが出来てた

今回テーブルに座った4人は、本当にたまたま

  1. ひたすら先へ先へ進んでいく役(←僕
  2. ↑を細かく制御する役
  3. チームの方向性をハンドリングする役
  4. 一歩引いて落とし穴などがないかを冷静に見る役

という風に、ワークショップ後の振り返りで評価し合った4人となっていました。なので、ほんとに特に何も考えなくてもすごくいい感じで物事が回る超不思議感があって。これ終わってからちゃんと分析して本当に良かったと思う。

で、会社で僕が自分の素のままの役をしちゃうと本気で収集つかなくなるので、どこかで一歩引いての制御役をやる、ていう引き出しをどこかで身につけなきゃいけない。そこは僕の中での大きな課題で、大きなTryのひとつとなってます、今。

てなわけで。

皆様、ありがとうございました。とりあえず、なんか動きます。なんか変わります。なんか変えます。