読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

とりあえずMacにgcc 4.6.2を入れてみた。

MacPortsには普通にGCCあるのに、Homebrewにはないんですね・・・
というわけで、こちらを参考に入れてみました。

さらに追記(11/11/15) XCode 4.2で付属のgccがbuild 5666にアップグレードされるらしく,XCode 4.2であればめでたくgcc-4.6.2のビルドが通りました.(--enable-cxxのみしか確認していませんが)


とのことでしたが、XCode 4.3が入ってるLionさんでは--enable-cxxオプションでしっかりビルドは通りましたよ、っと。

んじゃんじゃ、ということで

posaunehm$ gcc -v

としたら、バージョンは4.2とでました。あるぇー?

・・・はい、というわけで。

以上にあるように、これが必要ですね。

$ sudo ln -sf /usr/local/bin/gcc-4.6 /usr/bin/gcc 
$ sudo ln -sf /usr/local/bin/g++-4.6 /usr/bin/g++ 
$ sudo ln -sf /usr/local/bin/g++-4.6 /usr/bin/c++ 
$ sudo ln -sf /usr/local/bin/g++-4.6 /usr/bin/cc

というわけで、リンクをちゃんと通し直しておかないとXCode内蔵のビルドが呼ばれちゃいますね。

しかしこっから、エディタ整えたりmakefile考えたりですので、これはまた大変ですな。。。うーん、Boostのほうが手っ取り早いんだろうなぁ・・・