亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

2012年度末を持って退職しました。 #hogedriven

年度がかわったということで、そろそろ公にしてもいいのかな、と。

昨日2013年3/31日をもってHOGEDRIVENを退職しました。

まだ有給が3恒河沙日ほど残っていますので、それを消費してからがほんとうの意味での退職なのですが、3/30日の最終出社日となりましたので、事実上は退職です。

私がHOGEDRIVENへ入社したのは他のメンバーと比べてかなり遅く、2012年の年末のことでした。それまでも奈良支社での勤務を熱心に勧めていただいたこともあったのですが、なかなか都合がつかず、という経緯でした。

入社後は@daiksy先輩のエントリーにもあるように、ほぼ一貫してムダに多層化した仮想マシン上で如何にC#を使うのか、という事に関して取り組んで参りました。

周りはJVM系のスーパーマンが非常に多く、罵声を浴びせ続けられた半年ではありましたが、とうとうこんなコードを書くに至りました。

もはや何を書いているのか自分でもわからなくなりました。そもそもこれはIDEAなのかVSなのかXamarinStudioなのかEclipseなのかSharpDevelopなのかNetBeanなのかEmacsなのか。

このような迷いがあってはもうこれ以上いるのも迷惑かと思い、思い切って退職させていただくことにしました。社長の@さんからは「あれ?いたの?」という温かい言葉で見送っていただき、涅槃寂静よりも深い感謝をお送りしたいと思います。


これからですが、もうアルファベットが書くプログラミング言語への嫌気というものも生まれましたので、記号プログラミングなどをリサーチしながら3恒河沙日の短い休みを楽しもうと考えています。

今後ともよろしくお願いしますです。