読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

MacからWindowsへのRDP接続はCoRDが便利

AWS

さすがにここにきてまともなWindowsPCがない状況*1もどうかなぁ、と思うのですが、「そうか、仮想サーバ借りてそこそこの性能のWindows Server入れときゃいいんじゃね?リモートでつなげばよくね?」という明後日の結論を出しそうになったのですが、残念ながらMS謹製のRDP接続はLion以降のOSではサポートされていません。

うーん、VNCやSplash Remoteでもいいかなぁ、と思うのですか、やっぱRDPプロトコル使ったほうが何かといいんじゃないかという気になり、探してみたら、有りました有りました。

さてさて接続してみましょうかね、ということですが、一番手軽なのはAWSです。Windows Srverも月750時間無料(一年間 & microだけね!)

というわけで、Windows Server 2012 Baseのmicro作って、接続してみました。設定画面はこんな感じ。

f:id:posaunehm:20131005110732p:plain

New Server選んで、パスとかちゃんといれてつなげばこの通り

f:id:posaunehm:20131005110931p:plain

まぁこれで開発できるかはちょっとみてみないと分かんない感じですが*2、ひとまずはこんな感じ。

*1:Fusion上のWin8のみ

*2:そもそもServer OSだし