読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

乗り換えてわかった。ASUS ZenFoneはとんでもなく名機

発売直後に手に入れたASUS Zenfone、割っちまいましてね… 

でも、MVNOに乗り換え済みだったので、慌てず騒がず、換えを買いに行ったわけです。んで、同じのを買うのもなー、と思いHUAWEIのAscend P7にしました。決め手はやはり、低価格帯スマホとしてはかなりレアなNFCを搭載してるとこですね。

先に言っときますけど、P7自体、そんなに悪い機種じゃないです。ただ、ZenFoneが良すぎるだけで。

ZenFoneの凄さ

ZenFoneは地味に電波のつかみが良い

さて、P7に乗り換えてまずはセットアップでハマります。電波の掴みが微妙なのです。奥まったところだと、割と電波が弱くなる、ようにエンドユーザの体験としては感じるのです。モバイルデータ通信のオンオフで復帰したりもするので、ハードよりもソフトかしらん、って感じもします。

ZenFoneのオリジナルホームUI(Zen UI)の出来が非常に良い

あと、ホームUIの完成度です。Acend P7のホームUIは、いわゆる「iPhoneぽい」ってやつです。Android独特の、インストールされてるアプリ一覧と、ホーム画面に出してるアプリ一覧ってのを敢えて区別していません。これはAndroidのカスタマイズが楽しいとこでもあり、わかりづらいとこでもあるので、これはこれで英断だと思います。
とは言え僕苦手で、ホームを変えたんですが、どうも標準ホーム以外の動作はあまり考慮されてない気がして、フリーズ頻発したので標準に戻しました。まぁ使えなくはないので仕方ない。
んで、ASUSのZenUIは素晴らしいです。Androidの中でちゃんと独自の世界観を築こうとしてます。What's Nextとかカッコいいし。適度なアニメーションと豊富なウィジェットで、Androidらしさを満足できます。

パフォーマンスチューニングが素晴らしい

でも一番イライラしちゃうのは操作全体のもっさり感。P7もそこまで遅いとは思わないけれど、比較しちゃうとZenfone圧倒的。とくにブラウザのレンダリングはかなり力入れてチューニングしたんじゃないかなー。もちろん、FullHDをあえて諦めている所も効いてそう。ハイビジョンを捨ててレスポンスのUXを高めたんだとしたら、大英断だと思う。

スペック競争を超えていきたい、けれど。。。

失敗した、とまでは思ってないけど、同じの買えばよかった!と割と思ってます。んで、強く感じたのは、ホント今更ですが、細かいスペックとかで比べてもどうしようもねーなー、という感じ。正直カタログスペックで比較するとZenfone、よくないんですよね。
先も言ったようにFullHDではないし、NFCもついてない。CPUもP7と比べるとコア数と同じものの、性能的にはぐっと落ちる。でも体験としての品質の高さは言うことなしです。
しかし、これ、どうユーザに伝えればいいんでしょ。僕も騙されちゃったし、MVNOとか契約しちゃう人は割とスペック見てしまうんじゃない?と思う。口コミとか、信頼貯金とか、そういうことなんだろうけれど、本当にこの凄さが多くの人に伝わっているのか、正直疑問であったりする。
なのでとりあえず、ここでは主張しておきましょう。格安スマホ、今はZenfoneを買っておくのがベスト。スペックじゃ測れない気持ちよさが有りますよん。

んで。

割れた画面でひとまず使うか(´・ω・`) もうすぐ新型でそうだしな(`・ω・´)


ZenFone 2 5インチモデルの実物写真が流出 | ガジェット通信