読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀岡的プログラマ日記

京都のベッドタウン、亀岡よりだらだらとお送りいたします。

Macのウィンドウ切り替えアプリ Contexts がすごくよい。あと、Microsoft MVP 更新しました。

Macのアプリ紹介とMS MVPの更新を同時にやるとか一体何やってるんですかね僕。

さて、とはいえ、Contextsです。

Contexts

Macは割とウィンドウ切り替えがうざい

Mac使っていて、意外と不便に感じるのが、「Alt + Tab」がないことです。 いや、まぁ本当のProgrammerなら (Emacs | Vim) の外から出ないで開発するんでしょうけれど、私はIDE大好き人間でして、、、必然ウィンドウ切り替えが頻発するのです。

あとは、やっぱりフルスクリーン派なので。 するとMacでWindowの切り替えをどうするかというと、

  1. 4本指横スワイプで切り替え
  2. 4本指上スワイプでWindow一覧出して切り替え
  3. Comamnd + Tab で切り替え

の3択なのですが、それぞれ問題があります。

  • 1 は遠くのウィンドウに移る時に、どこいったんだっけ!?と迷います
  • 2 は一覧開くのがまどろっこしい上に、なんだか超絶重いことが多いです
  • 3 は切り替えは早いのですが、なんと切り替えがアプリ単位で、ウィンドウ指定できないのです

Contextは求めていたもの

Contextの何がいいって、まず 3 をウィンドウ単位にしてくれる、というのが基本機能としてあります。 まずはこれ、これで十分。

だけれど、なんと他にも機能があります。

トラックパッドの上端をなぞると、、、

f:id:posaunehm:20161008111823p:plain

同じく一覧を出してくれます。この操作感が思いの外気持ちよく、割と使ってしまいます。

基本的にはテキストですけれど、スライド作っているときとかはトラックパッドにも手は伸びてますからね。

そんなこんなでContextsオススメです。

それからそれから

Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technology 、再受賞させていただきました。 今年もシアトルにはいけないのですが、来年にはなんとか行きたい。そんな気分です。